胃の不調(痛み・食欲がおかしいなど)

現代社会のさまざまなストレスによって、
胃の症状を訴える患者さんは意外と多くいらっしゃいます。

ストレスは食欲を必要以上に刺激してしまうことがあり、その結果、
胃を疲れさせるばかりでなく肥満をうながしてしまいます。

また、その逆のパターンとして食欲を減退させてしまい、
酷い場合ですと精神的な症状へと進んでしまうケースさえあります。

 

さまざまな症状を引き起こしてしまうんです

胸がモヤモヤして気持ち悪い。

胃液が上がっていて、口の中が苦い。

胃が痛い。重たくて苦しい。

ごはんがおいしくない。食べたくない。

背中が痛くて夜眠れない。

肩こりがひどい。

手足が冷えて仕方がない。

疲れが取れなくて体が重だるい。

朝起きたら首を寝違えた。

夜中や早朝にふくらはぎがつる。

口内炎が多い。口まわりのトラブルなど。

このような症状があるときはすべてではありませんが、
胃の不調が影響している場合が経験上多くみられます。

あなたにも思い当たるものがありませんか?

 

胃の不調にはこんな治療をします

胃がつらいと言っても上記のようにその症状は多岐にわたります。

あなたの症状がどのようなものかを詳しくお話ししていただき、
状況をしっかりとヒアリングしてゆきます。

東洋医学的に胃の気の状態をみてゆくと流れがつまっていたり、
停滞していたり逆流しているようすがわかります。

胃の気が逆流している状態が長い間続くと、よく耳にする病名ですが
逆流性食道炎を引き起こしてしまいますし、胃の気が停滞していたり
詰まったりしていると、胃を苦しく張らせたり固く収縮させたりして
痛みや潰瘍形成のもととなってゆくこともあります。

内臓調整の鍼灸は副作用なく、このような胃の気の流れの異常を正常に
調整してゆくことが可能ですし慢性化した胃の疲弊を回復させます。

その結果、食欲を健全化させてゆきますし、胃の負担が原因の肩こりや
背中の痛みなど、多岐にわたる症状を改善させてゆきます。

つまり、つらい症状のある部分だけのマッサージなどでは、
根本改善は難しいということがわかっていただけるのではないかと思います。

東洋医学では胃腸を中心として全体をみてゆくことを専門とした考え方が
あるくらい重要な臓器としてとらえています。

胃に潰瘍が出来てしまっていて激痛が走るといった緊急の場合などは
すぐに病院へ行くことが大切ですが、そのようなことにならないように
未然に防いでゆくことは十分に可能です。

 

お気軽にご相談ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ