四十肩

四十肩、五十肩は良く耳にする言葉ですが、
あすなろ治療院でも症状として診させていただくことがあります。

私の父親も五十肩で悩んでいたときがありました。

最近、左の肩が挙がらなくなった…

洗濯物を干すときに「ズキン!」と肩に痛みが走る。

手が背中の後ろに回らなくなってしまった。

肩の症状は日常生活での動作に多くの支障をきたすので、
そのわずらわしさを強く感じる方が多くいらっしゃいます。

酷くなると痛くて夜眠れなくなってしまったり、
左の肩をかばって生活していたらその負担が腰に影響したりと
二次的な症状を併発しているケースも多くみられます。

四十肩、五十肩にはこんな治療をします

四十肩、五十肩とは、四十代や五十代の方たちに多く
あらわれる症状のためにそう呼ばれているのですが、
「肩関節周囲炎」というのが本来の名前です。

肩はその関節を取りまく細かい多数の筋肉がいろいろなバランスを
取りながら動かされています。そのため、どの筋肉が原因と
なっているかによってその人の症状(つらい動作)は異なってきます。

筋肉の炎症による痛みの他に、血流不足による冷え、
関節内に不要なものが沈着している場合などもあります。

それらを判断してゆき、筋肉の表面的なものが原因である場合は
的確に施術をしてゆくと改善がとても早いことがあります。

ところが、根本的な原因が内臓の疲れという場合もあり、
その負担が肩へ逃げてためてきてしまった結果が
肩の症状を引き起こしているケースもあります。

この場合、改善するのにある程度の期間が必要になってきますが、
内臓調整と同時に肩へアプローチしてゆくことが根本改善につながります。

お気軽に相談ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ