黄色いスイカ。赤いスイカ、どちらが甘い?色の違いの理由とは?

スイカを頂きました!
切ってみると、中身は久しぶりの黄色でした~

スイカ

そういえば、赤と黄の違いは何かなと疑問に思って、、
ちょっと調べてみました(^^)

黄色スイカ

色の違いはスイカの遺伝子の影響で、
赤と黄の遺伝子を掛け合わせると、
黄色の方が優性で黄色いスイカになるそうです。

スイカはもともと赤ではなく、白、もしくは薄い黄色のようで、
親の優勢遺伝子がでてきて黄色いスイカになるようです。

スイカの果肉の色には3種類のカロチノイドが
(キサントフィル類、リコピン、βカロテン)
関係しており、赤いスイカにはこれが全部入っています。

黄色いスイカにはリコピン(トマトに多く含まれてる)が無いため、
黄色のβカロテン(カボチャに多く含まれてる)が出ているというわけです。

味は赤いスイカと比べると糖度が低いので、
「甘さが少なくスッキリ感が強い」といわれています。



--------------------------------


【名古屋の整体】鍼灸マッサージ師も通う「あすなろ治療院」

住所:名古屋市千種区今池2-23-8 七福ビル1F

電話:052-732-3618(予約優先)

営業:9時~20時(19時受付終了)

定休:日曜、祝日

★「ホームページを見て…」とお気軽にお電話ください。


あすなろ治療院 のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
お時間ありましたら下記のページも読んでみてくださいね(^^)

↓クリック↓

私がこの仕事を目指した理由とは?

不調で悩んでいる方へお伝えしたいことがあります。

こんな症状の方が来院されています。

--------------------------------
過去のブログ一覧はこちらです。





コメントを残す

このページの先頭へ