漢方薬の副作用と好転反応・瞑眩(めんげん)の症状。鍼灸治療との相性は?

漢方薬は「自然のものでできているから副作用はない」と
考えることがあるかもしれません。

ところが、漢方薬にも副作用があると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬は草の根や木の皮、果実、鉱物など、
自然界にあるものを中心に作られた「生薬」を、
患者の症状にあわせて配合し処方します。

例えば、同じ風邪でも一人ひとりの体質や
症状などにあった生薬を配合するのが特徴です。

東洋医学的な診断や脈診などで、
その方の体質や症状などに合った最適な配合・処方だと
素晴らしい効果をもたらします。

また、漢方薬は鍼灸治療との相性が良いです。

自然のものからできているとはいえ、
生薬には植物の毒性を薬として利用しているものもあります。

その時の体調やアレルギー、他の薬との飲み合わせなどで
副作用的な症状が出ることもあります。

自然だからと言って安全とは言い切れません。

飲んだ後に一時的に不調のような症状が出て、すぐ良くなることがあります。

好転反応・瞑眩(めんげん)と言って、
治癒に向かう前段階に起こる不快感ですが、
これを副作用と思い込んでしまうこともあるようです。

瞑眩(めんげん)が副作用かの判断は難しいので、
もし飲んだ後に不快感があって不安になったときは
処方してもらった医師に相談するようにしましょう。


==============================

【名古屋市千種区の整体】鍼灸マッサージ師も通う「あすなろ治療院」

住所:名古屋市千種区今池2-23-8 七福ビル1F

電話:052-732-3618(予約優先)

営業:9時~20時(19時受付終了)

定休:日曜、祝日

★「ホームページを見て…」とお気軽にお電話ください。

==============================

コメントを残す

このページの先頭へ