自然治癒力を高める方法とは?膵臓癌の方から大切なことに気付かされました。

数年前の話ですが、膵臓癌で余命3か月を宣告されて、
「病院に見放された…」と話す患者さんが来院されました。

開腹手術したものの、予想以上に癌が進行していて
手の施しようがないと予定していた手術内容を中断して
そのまま閉じて終わったとのことでした。

手術後の負担も大きくて、食べてもすぐに吐いてしまって
体重が落ちて心身ともに衰弱した状態でした。

あまりにも難しい状況に、当時の私は途方に暮れてしまいました。

 

あきらめかけてた時その方との会話の中で、
「先生、再来年の娘の成人式まで私は生きていたい。それが望みです。」
と切実に話してくれました。

それを聞いた私は、力になりたいと思い直し
できることを模索しながら
誠心誠意に施術させていただきました。

内臓調整を続けてゆくうちに胃腸が回復し、
少しずつ食べれるようになり、体重も徐々に増えてゆきました。

その頃、私は心理学の勉強を進めていたので
心のカウンセリングを並行させてゆきました。

私にできることの一つだと思ったからです。

 

人は死に直面して初めて自身と真剣に向き合い、
現実を受け入れて、やっと本当に大切にしたいものに
気付くことができるのかもしれません。

心の開放が進むに従って
家族のコミュニケーションが自然と増えてゆき、
家庭内の関係が良好になってゆきました。

過去に囚われるずに、その方なりの
本来の自分が望む幸せの在り方に気付かれた時に、
心のエネルギーと笑顔が増えてゆきました。

そして、気が付けば
3か月だった余命は少しずつ伸びてゆきました。

ある日のことです。
「先日、娘の成人式を迎えることができました。ありがとうございました。」
と、うれし涙を流しながら報告してくれました。

あの時の笑顔を今でも鮮明に思い出します。

そして、余命宣告から3年目に、
家族に見守られながらその方は他界されました。

 

私はこの患者さんとの関わりを通じて
色々なこと気付かされ、大切なことを教わりました。

来院される患者さんの症状を早急に改善させることは
もちろん重要ですが、それと同時に
その方なりの幸せの在り方を尊重し寄り添ってゆくことの大切さ。

幸せの在り方は本当に十人十色で、
他人が勝手に決めたり押し付けるものではなく
その人が自分で自由に決めることができるものです。

技術や薬だけで病気や症状が治るのではなく、

本人の意思の力、本人の幸せの在り方、
家族や周りの方々の想いと協力、

そういった環境が満たされてゆく程に
自然治癒力が最大限に生きてゆくんだ。

ということに、私は気付かされました。

 

ランの花 (568x380)

 

コメントを残す

このページの先頭へ